日々の疑問~goofy様の疑問にお答えします

懸賞 2009年 02月 09日 懸賞

goofy様の柔道に関する質問

柔道は、剣道とは違いオリンピック種目になりました。五輪の精神と、柔道の  「自他共栄」の精神が一致しているということなのですが、競技となれば武道とは別のものになっていきます。それは想像できたのではないかと思うのですが、何故、創始者嘉納事治五郎はオリンピック種目にしたがったのか?という質問を調べてみました。

まず、Q&Aサイト横断検索より、’柔道 オリンピック競技’をいれて検索したところ、たくさんの方が疑問を持っておられることがわかりました。
オリンピック競技からはずすべきでは?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1316402198
もう柔道はオリンピックを含め国際大会に出るべきではないのでは?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1418336434
オリンピックの正式種目
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1210989892?fr=rcmd_chie_detail

2012年のロンドンオリンピックではランキング制が取り入れられるとのこと。ますます、日本の柔道からはなれていくようで、寂しいです。
ランキング制(柔道)はwikipedeiaに紹介されています。

柔道をやられている人にとっては、自分がめざす道が何なのかという大事な問題ですね。
武道に詳しくないので回答が半端で申し訳ありません。嘉納事治五郎氏の書物などがあれば、
なおいいと思いました。

そこで、レファレンス協同データベ-スにて’嘉納事治五郎’を調べましたが、該当なしでした。
柔道でも検索しましたが、ご質問の答えになるようなものが探せませんでした。
そこで、Webで検索してみると、詳しく出ていました。

http://ansin-t.jp/Kano.Jigoro.htm
これによると、1909年には日本人初の国際オリンピック委員会委員就任し日本へのオリンピック招致運動など行うとありました。。当時は日本でのオリンピック開催は夢のまた夢だったので、柔道の確立とともに、世界にその精神を広めたいという思いが強かったのかもしれません。

そして、嘉納事治五郎氏が灘中を創設したエピソードとその考え方については、下記に紹介されていました。
http://blogs.yahoo.co.jp/yuzan9224/40239197.html
[PR]

by charu_s | 2009-02-09 20:42 | レファレンス

<< これからのレファレンスを考える...   日々の疑問~makiko様の疑... >>