第4回講義感想~情報は幅広く

懸賞 2009年 01月 29日 懸賞

今回はお二人の豪華ゲストが来て下さり、とても勉強になりました。
  林賢紀さん(農林水産研究情報センター)
  田辺浩介さん(東京工科大学図書館) 
 岡本さんの 「他の人のブログをちゃんと読んでいますか?」の質問に、お二人が元気よく
手を挙げられていたのが、印象的でした。
 お二人の発言ではっとさせられたのは、以下の通りです。
 
 1.プロダイダー責任法があるので、貸出や検索履歴のログは、消されているように見えても
  必ず残っている。(セキュリティに関する攻撃に答える為)--林賢紀さん
 2.貸出履歴をリコメンドなどに利用していくには、除籍の問題がある。--林賢紀さん
 3.図書館でもイベントの写真やその他のデジタル写真などの収集管理をしたらどうか--田辺浩介さん
 4.図書館の受信能力を高め、情報を共有化していく事が大事--田辺浩介さん

 理想のOPACを考えるにあたり、蔵書管理だけをやっていてはダメなのがよくわかりました。そして、今回強く思ったのですが、毎日図書館で働いていながらOPACについて何も考えていないばかりでなく、討論があることさえ知らずにいたのだということは驚くべき事です。こんな事で図書館が良くなるわけがないのです。そして、つたない私たちのブログを一生懸命目を通して下さる方が多くいらっしゃるということは、現場の声が求められているのだということを再認識しました。
[PR]

by charu_s | 2009-01-29 13:13 | Web2.0

<< 第5回講義課題1 ~ 日々の疑問   課題3 理想のOPACについて >>