全国公共図書館横断検索の旅

懸賞 2009年 01月 11日 懸賞

普段使いなれている練馬区の公共図書館へのリンクを使い、全国の公共図書館の横断検索をしてみました。
キーワードは’OPAC’
横断検索から国立国会図書館、NACSIS Webcat, Webcat Plusも一度に検索してくれるものもあり、色々ひっかかってしまいましたが、関係ありそうなものをピックアップしました。
なお、長野、和歌山、徳島、鹿児島などの県では横断検索ができませんでした。
きちんと整理していなくて申し訳ありませんが、羅列します。

     タイトル 著者名 出版者 出版年
1. [図書]アルファベットから引く外国人よみ方字典 日外アソシエーツ 200.02-288.1      
2. [図書]インターネットに公開されたOPAC調査 / 図書館システム・ネットワーク専門委員会. -- 埼玉県公共図書館協議会, 200003
3. [図書]Web-OPAC・横断検索に関する調査報告書 埼玉県の横断検索の実現に向けて 図書館システム・ネットワーク専門委員会研究報告書 図書館システム・ネットワーク専門委員会/   2003.3
4. [図書]WebOPACと連携した資料組織概説・同演習 暫定版/渡部 満彦 杉山書店 2005
5. [図書]Web-OPAC for Children in Japan    Shiho Suzuki[鈴木 史穂]/  [鈴木史穂]  2006
6. [図書]OPAC入門 平成2年度OPAC運用調整班/編 199203 014.3
7. [図書]OPAC/PS検索の手引き(暫定版) 金沢大学 1989
8. [図書]OPACユーザーインターフェースの現状と問題点 首都圏9大学を対象とした現地調査結果報告 私立大学図書館協会東地区部会研究部資料組織研究会編 1994.4.5
9. [図書]OPAC用CD西洋人名辞書
10.[図書]OPAC事業報告 2003-2004
11.[図書]オンライン情報の学術利用 文献検索入門 論文・レポートの手引きに! 西岡達裕著 日本エディタースクール出版部 2008.4 公共図書館サービスの展開と情報基盤形成 東京大学大学院教育学研究科図書館情報学研  2001
12.[図書]Guidelines of several screen design variables on the usability of an OPAC 筑大図書館情001020590
13.[図書]学術情報提供システムとしてのOPACの総合研究
14.[図書]学術情報流通と大学図書館 / 日本図書館情報学会研究委員会編. -- 勉誠出版, 200710
15.[図書]公共図書館サービスの展開と情報基盤形成
16.[図書]国立情報学研究セミナー研究レポートH.14
17.[図書]子どものためのWEB-OPAC    鈴木 史穂/[著]  [鈴木 史穂]  2007
18.[図書]埼玉資料 全県での資料保存協力体制に関する調査報告 図書館システム・ネットワーク専門委員会/編 埼玉県図書館協会 200403 011 1.学術情報流通と大学図書館 / 日本図書館情報学会研究委員会∥編 / 勉誠出版 , 2007.10 ( シリーズ・図書館情報学のフロンティア ; NO.7 )
19.[図書]情報検索入門ハンドブックデータベース 図書館利用法
20.[図書]情報技術と図書館 小田泰正先生追悼論文集 / 小田泰正∥[ほか著] / 『小田泰正先生追悼論文集』刊行会 , 1995.3
21.[図書]情報の科学と技術論文別刷集 ピブリオグラフィックユーティリティ学術情報センターNACSIS-CATシステムオンライン利用者目録(OPAC)典拠コントロール
22.[図書]情報の科学のリテラシー 平田浩一、二神透、和田武共著 学術図書出版 2008
23.[図書]新現代図書館学講座16 田畑孝一 東京書籍 1998.10-010.8
24.[図書]新図書館システムについて 公演録 金子史世、中村丈夫公演 学習院大学計算機センター編 1995.12
25.[図書]全県での資料保存協力体制に関する調査報告
26.[図書]地上用レーザスキャナーによる測定 国際会議の論文より 鈴木芳朗/著 鈴木芳朗
27.[図書]TSSオンライン目録検索利用マニュアル 京大
28.[図書]デジタルアーカイブ
29.[図書]東京都立大学付属図書館の現状と課題
30.[図書]図書館学基礎資料 第6版 今まど子編著 樹村房 2006
31.[図書]図書館学基礎資料 第7版 今まど子編著 樹村房 2008
32.[図書]図書館学のフロンティア
33.[図書]図書館しが コンピュータが新しくなりました 館内OPAC編
34.[図書]図書館 システムネットワーク専門委員会研 H14 富山
35.[図書]図書館情報大学研究報告
36.[図書]図書館・図書館学の発展 1993
37.[図書]図書館目録とメタデータ 情報の組織化における新たな可能性 日本図書館情報学会研究委員会/編 勉誠出版 2004.104
38.[図書]TORITONーOPAC雑誌検索マニュアル1993
39.[図書]TORITONーOPAC検索マニュアル1994
40.[図書]パソコン演習資料組織 日本図書館協会2003.1
41.[図書]分類目録法入門
42.[図書]ホルム 新入生のためのSapiens-OPAC操作入門
43.[図書]ホルム Sapiens-OPAC操作ガイド
44.[図書]NICHIGAI NEWS LETTER OPAC連携サービス
45.[図書]日本における既存OPAC比較調査
46.[図書]目録の利用と作成に関する調査報告
47.[図書]よくわかるインターネット
48.[図書]利用者の検索行動と主題情報 国膣国会図書館におけるOPACモニター調査を中心に 国立国会図書館研究所1995.2
49.[図書]LILIPUT OPAC プロファイル 東京大学図書館中央システム開発実行・推進班編 no.1-no.6 1986.9-1988.3
50.[図書]LIBRARY AND INFORMATION

[雑誌] 図書館情報 〓1-50(1974-1991). -- 島根大学附属図書館
[雑誌] 図書館雑誌 01.2 私が考える21世紀の図書館. -- 日本図書館協会
[雑誌] 図書館情報 2008-6 2008.06.20 S 001015 V 0102 N 0006 日本図書館協会 2008年6月20日
[雑誌] 図書館雑誌 2008-8 2008.08.20 S 001017 V 0102 N 0008 日本図書館協会 2008年8月20日
[雑誌] 日本図書館情報学会誌 00.9 わが国の公共図書館におけるWWW版. -- 日本図書館学会
[雑誌] 日本図書館情報学会誌 97.9 131. -- 日本図書館学会
[雑誌] 日本図書館情報学会誌 95.6 123. -- 日本図書館学会
[雑誌] 図書館界 59−1 07.5《座標》教育基本法改正と. -- 日本図書館研究会
[雑誌] 情報の科学と技術 08.12 特集 ファインダビリティ向上. -- 情報科学技術協会
[雑誌] 情報の科学と技術 08.5 特集 ソフトウェア活用のススメ. -- 情報科学技術協会
[雑誌] 情報の科学と技術 06.11 特集 図書館とWeb2.0. -- 情報科学技術協会
[雑誌] 情報の科学と技術 99.12 特集 情報とデザイン. -- 情報科学技術協会
[雑誌] 情報の科学と技術 6月オンライン利用者. -- 情報科学技術協会
[雑誌] 情報管理 08.10 特許情報の戦略的活用について. -- 日本科学技術情報センター
[雑誌] 情報管理 08.6 見晴らしのよい場所からあるべきシス. -- 日本科学技術情報センター
[雑誌] 情報管理 03.10 Webサーチエンジンの基本技術と最新. -- 日本科学技術情報センター
[雑誌] 情報管理 01.9 インターネットと情報 第4回. -- 日本科学技術情報センター
[雑誌] 現代の図書館 28巻 1990
[雑誌] 現代の図書館 32巻 1996
[雑誌] 現代の図書館 08.9 特集:これからの図書館目録に向けて. -- 日本図書館協会
[雑誌] 現代の図書館 07.9 図書館のアクセシビリティ・ユーゼビ. -- 日本図書館協会 [図書] 影のドミノ・ゲーム / パコ・イグナシオ・タイボ二世著. -- 東京創元社, 199501
[雑誌] 図書館界
[雑誌] 図書館協力通信1987
[雑誌] 図書館協力通信 WebOPACの提供を開始2000
[雑誌] 国立国会図書館日報AN00356017(2008.0564)
[雑誌] 国立国会図書館日報(1992.09)
[雑誌] 図書館研究シリーズNo.31
[雑誌] OPAC directry
[雑誌] 新現代図書館学講義16
[雑誌]全国書誌通信 NDL-OPAC912万件を一挙公開 滋賀県
[雑誌]カレントアウェネス

[国会図書館雑誌記事]OPACの機能面から見た書誌レコーデの作成方法について 明大サポート整理業務担当チーム
[国会図書館雑誌記事]提供者から図書館システム「LVZ」機能2004.8
[国会図書館雑誌記事]教育実践報告 司書課程学生と図書館目録の利用

[徳島県立図書館雑誌記事]大学図書館研究 19940300
[沖縄県図書館協会記] 第10号 2006
[沖縄県]利用者のプロフィールを考慮した連想検索OPACの構築に関する研究 琉球大学大学院理工学研究科修士論文 H.17
研究レポート  平成14年度  国立情報学研究所国際・研究協力部成果普及  国立情報学研究所国際・研究協力部成果普及  2003
[PR]

by charu_s | 2009-01-11 15:49 | Web2.0

<< 課題2 新しいOPACの文献リ...   工夫あるOPAC >>