第2回「Web2.0再考演習」を終えて

懸賞 2008年 12月 29日 懸賞

 前回の宿題では、ML環境とブログ作りは何とかできたものの、トラックバックができず、自分だけができないと落ち込んでおりました。しかし、講義を受けて他にもできていない人がいることがわかり、又皆が悪戦苦闘して頑張っているのを感じ、勇気をもらいました。岡本さんの最後の言葉  ’学びに休みなし‘  を胸に、これからもなんとかついていきたいと思いました。
 今回私が興味を持った事
① トラックバックは各自が選んだブログサイトによりやり方が違う
② アクセスカウンターというのがあり、ブログにアクセスしてくれた人がわかる
③ RSSリーダーを使うと更新した記事を読める
④ かたつむりは電子図書館の夢を見るかというブログは業界で有名
⑤ お茶大やUCLでは図書館がLearninng commonの場所として機能している
⑥ 紙だからといって信憑性があるわけではない(Yahoo百科や辞書検索は使える)
⑦ 今若者は図書館を利用していない
⑧ TRCが他社と合併してアマゾンなどを超える情報システムネットワークを作れるのでは?
⑨ 法律でできないからダメではなく変えることができる(個人情報保護など)
⑩ 人力検索、Okwave,知恵袋 etc を使ってみる

以上自分に課題をを課して一つ一つやっていきたいと思います。
[PR]

by charu_s | 2008-12-29 09:53 | Web2.0

<< 工夫あるOPAC   Web2.0は図書館/ライブラ... >>